HOME大学紹介建学の精神

大学紹介

建学の精神

理念・目的

  1. 多様なリハビリテーション学・看護学を身につけた専門職の育成
    医療、福祉を含めた社会情勢の変化及び学問の進歩に対応した質の高い教育を目的に、保健医療学部にリハビリテーション学科と看護学科を開設する。短期大学からの移行後も資格取得の高合格率を維持し、現場で活躍できる人材を育成するという基本は同じであるが、理学療法学、作業療法学、言語聴覚学、看護学の医療科学の方法論を理解し、対象者の個別性にも配慮しながら回復期以降の生活を見据えた医療技術の実践ができる医療職を育成する。
  2. 幅広い専門知識と技術に裏打ちされた問題解決能力をもった専門職の育成
    社会環境の変化や保健・医療・福祉の新たなニーズに対応できるように自己研鑽し、自らの専門領域の役割を発展的に推進していく能力を備えた専門職の育成を行う。学問、臨床の探究心の養成のために、臨床実習・臨地実習での興味や疑問を中心に専門分野における探求方法を学ぶ卒業研究の履修を通じて論理的思考能力を養い、生涯学習の基盤となる力を修得させる。生涯にわたって研鑽する姿勢をもって、専門領域 の学問を理解し、医療チームと協働して人間の健康に寄与できる医療職を育成していく。
  3. 仁の心(思いやりの心、いたわりの心)を持ち、知的好奇心を備えた医療人の育成
    医療においては、「ひと」を見つめ、「ひと」のいのちを大切にし、思いやりの心やいたわりの心を持つことが必要であり、倫理的配慮や心理的配慮を踏まえ、奉仕的な活動を通して、その精神を高めさせることが大切である。また、職場や地域社会の中で多様な職種の人々とともに仕事を行う必要があり、他専門領域の理解、コミュニケーション能力などの基礎的能力を備えることも大切である。また、医療技術の高度化に伴い要求される情報は、多角的、複雑化の傾向にあり、医療安全の観点も含め、物事を科学的に捉える知的好奇心が求められている。これらのことを踏まえ、仁の心 と知的好奇心を備えた医療人の育成を行う。
  4. 地域に不可欠な大学として、地域住民の健康づくりのために支援できる人材の輩出
    すべての国民が健康で明るく元気に生活できる社会の実現のために壮年死亡の減少、健康寿命の延伸と健康に関する生活の質の向上に、リハビリテーションと看護は深く関与している。現在超高齢化対策への施策として、福井県において生涯スポーツを推進しており、高齢者が自立した生活ができるようにスポーツを通したヘルスプロモーションの推進が必要と考える。これらの目的を推進させるために、関連分野の人材 や知見等を結集し、健康づくりを推進できる人材を育成する。

教育目標

保健医療学部では、医療の対象である人間を全人間的に把握し、理学療法学、作業療法学、言語聴覚学、看護学の医療科学の方法論を理解し、医療技術の実践ができ、生涯にわたって研鑽する姿勢をもって、専門領域の学問を構築し、医療チームと協働して人間の健康に寄与できる医療職を育成する。

  1. 自らの職業的専門性を主体的に考え、医療チームと協働して自立した行動をとることができる。
  2. 地域社会における自立的生活に関するさまざまな事象を柔軟に捉え、問題を解決する方策を提示することができる。
  3. 修得した体系的知識と実践力を生かし、地域住民の健康づくりに貢献しようという姿勢を備えている。

各種方針

リハビリテーション学科

入学者選抜方針

豊かな人間性を持ち、協同しながら、多様で的確なリハビリテーションを実践できる人材を養成するために、次のような人材を求めている。

  1. 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の職業を理解し、その専門知識や技術をもって社会へ貢献しようという意欲がある人
  2. 自ら課題を発見し、それを解決するために学び、行動できる人
  3. 思いやりの心、いたわりの心を備え、人と接することの好きな人
  4. 他人に対する深い関心を持ち、共感できる人

教育課程方針

幅広い知識と技術を持ち、柔軟に問題解決ができる人材を育成するために、明確な目的意識を持ちながら、学ぶことができるようにカリキュラムを組み立てている。

  1. 医学的知識として、人体の構造と機能や疾病と障害の成り立ちを体系的に学ぶ。
  2. 多様なリハビリテーション技術を身につけるために専門科目を学び、その技術を関連施設において確認する。
  3. 専門職としての仕事を理解し、少人数による実践的な演習授業を実施することで、知識の活用能力、問題解決能力、表現能力、自主的能力を学ぶ。
  4. 豊かな人間性、仁の心を醸成できる幅広い教養を学ぶ。また他専門職を理解し、協働できるための基礎的能力を学ぶ。

学位授与方針

所定のカリキュラムを履修し卒業に必要な単位を修得し、必要な知識や能力を得られた者に学位を授与する。

  1. リハビリテーションに関する基本的知識と技術を備えている。
  2. 医療の高度化や社会情勢の変化に対応するために学び続ける姿勢を持ち続ける。
  3. チームやグループ内で他者に働きかけながら目標に向かって協働する。
  4. 広く国民の保健・医療・福祉の向上に寄与しようとする姿勢を備えている。

看護学科

入学者選抜方針

地域貢献に関心をもち、倫理観や豊かな人間性と看護の専門的知識や技術を備えた看護の実践能力を発揮できる人材を養成するために、次のような人材を求めている。

  1. 豊かな人間性、思いやりやいたわりの心を備え、人間に関心をもち他者を尊重できる人
  2. 明確な目的意識をもち、問題を解決しようと努力することのできる人
  3. 看護の分野に関心があり、人々の健康に貢献しようと意欲のある人

教育課程方針

看護の実践能力を発揮できる人材を育成するために、明確な目的意識をもち看護を学ぶことができるようカリキュラムを組みたてている。

  1. 「科学的思考の基礎」「人間と人間生活の理解」の2つの科目区分をもって一般教育科目を配置し、倫理観、豊かな人間性やいたわりの心を備え、コミュニケーション能力を培う。
  2. 看護実践に必要な専門的知識を「専門基礎科目」、「専門科目」として講義ならびに演習形態で学ぶことができるよう配置し、対象となる人々のニーズに則した看護を提供するために必要な能力を培う。
  3. 臨地実習では、看護実践の場を通して多様な専門職との相互関係の中で、対象となる人々の健康状態をアセスメントし、ニーズに則した看護実践能力を培う。
  4. 統合的な看護を養う「統合看護」の分野では、各領域を俯瞰する科目として、看護管理、国際看護、災害看護等を学ぶことができるよう配置する。また地域で生活している人々のニーズに則した看護の提供の実際を学び必要な能力を培う「在宅看護学実習」を配置する。また「臨地実習」終了後には臨床現場において看護を統合的に学ぶ「統合実習」を配置する。
  5. 領域別看護の実習と並行して「看護研究」を配置し、明確な目的意識をもち、臨地実習で発見した課題について研究の手法を用いて問題を解決する能力を培う。 

学位授与方針

所定のカリキュラムを履修し卒業に必要な単位を修得し、必要な知識や能力を得られた者に学位を授与する。

  1. 人間の生命および個人を尊重し、看護の実践者として必要な倫理観と豊かな人間力を修得した人
  2. 看護の実践者として必要な知識・技術を修得し、健康状態や生活における諸問題を適切に把握し看護的判断ができる能力を修得した人
  3. 地域で生活する人々や援助を必要とする人々に、保健・医療・福祉領域との連携を図りながら看護を実践できる能力を修得した人
  4. 社会環境の変化やニーズに応じた看護を実践できる能力を修得した人

大学全体

学生支援に関する方針

この基本方針は、本学の理念、目的、教育目標に沿った人材の養成をはかるために、学修に専念し、充実した学生生活を送れる環境を整備するとともに、学生の資質を向上させ、社会的及び職業的自立を総合的に支援する体制を構築することを目的とする。

修学支援目標

  1. 学生一人ひとりにきめ細かい支援を行うため、補習・補充教育や学生の修学支援体制を構築する。
  2. 奨学金制度の説明を十分に行い、質の高い教育を保障する条件を整備する。
  3. 留年者・休学者および退学者について、状況を把握・分析し、具体的な対応策を講じる。
  4. 学生支援を充実させるため、保護者等との連携を強化する。

生活支援目標

  1. 自治会活動・課外活動および学生団体など、人間性・社会性を培う機会と場を積極的に提供する。
  2. 健全なスポーツ活動を支援する体制を整備する。
  3. 学生の心身の健康維持のための保健管理体制を整備する。
  4. 学生の相談・苦情に関する対応システムを整備し、キャンパス・ハラスメントに対する予防策を講じる。

進路支援目標

  1. 学生が主体的に進路選択や職業選択を行うことができるよう、キャリアガイダンス等を充実し、学生が必要とする進路支援を行う。
  2. 就職相談などを通じて、学生一人ひとりの目線にあった進路支援を実施する。